大人ニキビを改善する肌質ごとのケア

思春期に出来るニキビと違い大人ニキビと言われる20歳を過ぎてから出来るこのニキビは、単に洗顔をすれば解決するものではありません。むしろ逆効果になる場合もあります。
大人ニキビを直すにはまずご自分の肌質を調べるのが大事です。皮脂が多くテカテカしてしまうオイリー肌、角層の水分が不足し乾燥してしまう乾燥肌、皮脂も多いが乾燥もしてしまう混合肌などがあり、それぞれの肌質に合ったケアが必要になります。
オイリー肌の方は、皮脂が多くベタつくため潤っていると勘違いしがちですが、実は水分は不足しやすく内側は乾燥している可能性も。洗顔時には皮脂を落とそうとゴシゴシと力を入れがちですが、泡立てて優しく洗い、洗顔後は保湿をしっかりと行いましょう。
一方乾燥肌の方の場合も大事なのは保湿をすることです。皮脂と潤いは違うので洗顔時は肌を傷つけないようにしっかりと汚れを落とし、保湿を行いましょう。
混合肌の方の場合、乾燥肌がさらに進行し肌を守るために皮脂を過剰に分泌している可能性があります。こちらもやはり保湿をすることで肌機能を回復させることが大事です。
それぞれの肌質に合わせて肌に潤いを与えていくことで、肌トラブルが無くなり自然とニキビ改善につながっていきます。